top of page
検索
  • Yukie Ina

甲状軟骨のコントロール

更新日:2022年1月23日

今回ご紹介するのは、甲状軟骨のコントロールの様子です。

---------------

EVTエスティルボイストレーニングでは、様々なエクササイズを学びます。私の先生、アレハンドロさん (Estill Mentor & Course Instructor-ATP-Service-Distinction)が、Youtube上でエクササイズを行っている間の内視鏡映像を公開していますので、こちらのコラムにシェアしたいと思います。 ------------- EVTでは、各Figureをオプションに分けて勉強します。 甲状軟骨のコントロールでは、Vertical(直立)とTilt(前傾)の2つのオプションを学びます。少しだけ泣いてみて...などと私はレッスンで言うことが多いかな。

喉頭の高さを変えずに、舌に緊張が生じないように低いEffortでコントロールするのもポイントです。 こちらのビデオの最初の部分では、4カウントごとにVerticalとTiltが交互に変化している様子見ていただけると思います。






#仮声帯 #声帯 #エスティルボイストレーニング #EstillVoiceTraining #ベルティング

#甲状軟骨 #発声

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Estill Voice InternationalのYoutube チャンネルに掲載されている"ジョー・エスティル先生の言葉 Jo Estill, In Her Own Words"を日本語に訳しました。 お時間のある時にお読みください。 【日本語訳】 なぜ私がこの仕事をしているのか、お話したいと思います。 私はもうパフォーマンスをしておらず、 興味もありません。 実際、私はこの種のパフォーマン

bottom of page